芝生の年間管理スケジュール~入門編~

美しい芝生を維持するためには、
水やり・除草・芝刈り・肥料あげ等のメンテナンス作業が必要です。


P1300159

季節ごとの管理方法

1月

休眠期



2月~3月


・2月中旬から3月中旬くらいの間に、鉄の熊手でサッチ(芝生と土の間に溜まった枯れ葉・茎・根・刈りかす)をかきだします。

・芝の生育を促進する為、目土を散布します
  晴天の日に葉先が出る程度にまき(多すぎると窒息します)土が良く乾いた後、ほうきで掃くと芝生の中に良く入ります。
  この時期に限らず、芝生の凹みを見つけたら行いましょう。

・雑草が成長しはじめます。芝の成長が抑えられてしますので、見つけたら早めに抜きましょう。




4月


・肥料は芝が十分伸長して青くなってからにしましょう。
  (新芽が成長してきたからといって肥料を与えると、少量でも肥料やけを起こすことがあります。)



5月


・芝生が伸長してくる時期です。
  最初の刈り込みは葉先を揃える程度にしましょう。

施肥の適期です。肥料を2~3週間おきに与えましょう。
  肥料やけを起こしにくい芝生専用の肥料がおすすめです。


6月


ローンスパイクや農業用フォークを土中に深さ10~15cm、10cm間隔に突き刺し
  根に酸素を供給します。(=エアレーション)


6月に限らず、地面を手で押して硬くなっていたら行いましょう!


7月


・梅雨が明けたら散水しましょう。

・1年で最も良く成長します。週に一度刈り込みをすると美しい芝生ができます。
 肥料を与えましょう!


8月


・引き続き刈り込みをします。

散水を忘れずに!!

9月


・夏の暑さで弱った芝に肥料をあげます。

10月


一年最後の刈り込みをします。葉先を揃える程度で低く刈りすぎないようにしましょう。

11月

 
・成長が止まり、茶色に枯れます。

12月


休眠期