樹木の施肥作業~入門編~

樹木を丈夫に育てる為には、肥料を与える必要があります。

P1050133

肥料の種類


肥料の種類を大きくわけると、有機肥料と化学肥料に分かれます。

有機肥料


ナタネ油かすや骨粉、鶏ふん、牛ふん、魚粕など100%自然素材を使った肥料です。
微生物が原料を分解することで効力を発揮するため効果が出るまでに時間がかかりますが、
その効果はゆっくり長く続きます。





化学肥料


無機質の肥料原料を化学的に加工して作られています。
必要な栄養素が効率よく配合されているため、すぐに効果を実感することができます。



肥料を与えるタイミング

元肥(寒肥)


春から始まる木の成長を助けます。


時期・・・・・冬季(1月~2月)

肥料・・・・・堆肥、油かす等の有機質の遅効性肥料。(緩効性の化成肥料でも可)

施肥方法・・・・根から少し離れた場所に土と泥を混ぜて植え込みます。根に直接触れないように注意して下さい。


追肥(お礼肥)


花や実の後、疲弊した植物への栄養補給として与えます。


時期・・・・・開花結実後(5月~7月)


肥料・・・・・即効性の化成肥料や液肥


施肥方法・・・・・根の周りに軽く一握りほどまきます。