お水のあげ方~入門編~

樹木への水やり(植え付け後~半年程度)


植え替え時に根が切れて傷み摂取できる水の量が少ないので補う必要があります。

水が根の部分全体に直接いきわたるようにして下さい。

P1280603

土手(水鉢)の中にたっぷりとお水をあげましょう。
お水がしみわたったら、後2,3回程土手がいっぱいになるぐらいのお水を与えて下さい。


基本的に毎日(雨天時以外)地面の乾き具合を見ながらたっぷりと水やりをします。


季節ごとの水やりの仕方(樹木・草花)

春の水やり

気温が上がると植物の生長が盛んになりますので、水やりに気を配りましょう。
新芽は水不足を起こすとその後の生育に大きな影響を起こします。


地面が乾いているのを確認したらたっぷりと!が基本です。

夏の水やり

夏の水やりがもっとも大事です。
7月~9月はとにかくたーっぷり水をあげましょう!!

目安としては・・・
1本の木に対してホースで30秒くらい
表面だけ濡らす程度では中に染み込んでいかないので、水やりは時間をかけて中までたっぷりしみこむまで(水たまりができるぐらい)を忘れずに・・・。



水やりは・・・1日×2回(※最低でも1回)
時間帯は・・・朝(~9時まで)
        夕方(17時ころ~)

その理由は

暑い日中にあげると温度上昇で蒸れてしまいます。
直射日光が当たる所には葉に水がかからないようにご注意!
※水をかけると水滴がレンズ状態になり葉が焼けてしまいます

雨の降った後は土の状態をみて乾いていれば水をあげます。
台風後は葉などに塩分が付着している場合がありますので、樹木全体に洗い流すようにかけて下さい。



秋の水やり


残暑が厳しい年は気を抜かないように注意して下さい。
晴天が続いて土が乾いているようだったら、様子を見てお水をあげます。

冬の水やり


12月~2月は晴天が続いた時以外必要ありません!


※ただし、植え付け直後の常緑樹は冬でも水が必要です。
 空気が夏以上に乾燥しています。

時間帯は・・・10~14時ころ(暖かな日中)

冬はお休みしている植物が多いので、午前中の天候と乾燥の様子を見ながら控えめにあげてください。
P1280415